宮原知子の大学は関西大学?子供の頃の夢だった医者にはなるの?

世界の第一線で活躍しているフィギュアスケート宮原知子選手。身体が小さいせいか若く見られがちな彼女も今年の4月から大学に進学するようです。そんな彼女の経歴や大学について調べてみました!

宮原知子の大学は関西大学?


去年から今年にかけてますます活躍する宮原選手ですが、実はまだ高校生だったんですね。そして今年4月からは関西大学文学部に進学することが決まっています。関西大学文学部には、フィギュアスケートの先輩である織田信成さんや高橋大輔さんも通っていたこともあり、大学に通いながらもフィギュアスケートの練習に集中する環境が整っています。宮原選手は「オリンピックで金メダルを取りたい」という夢を叶えるために、関西大学文学部に進学することに決めたのだと思います。

医者になる夢はどうしたの?


しかし、宮原選手は幼い頃に「五輪に出たいし医者になりたい」と語っていたこともありました。そう、宮原選手にはもう一つ夢があったんですね。それは両親の影響だと思います。

実は宮原選手の両親は医者で、アメリカで仕事をしていたこともあるくらい優秀な方なんです。ちなみに、アメリカに住んだこともあったからこそ、宮原選手の英語はネイティブ並で通訳も入らずに外国メディアの方とお話ができるのだと思います。そんな両親の姿を見て、私も医者になりたいと思ったのでしょう。

その目標もあってか、宮原選手の学力は相当高いようです。忙しいスケートの練習の合間を縫って、よく勉強していた姿が見られており、周囲からも努力家として知れ渡っています。模試では全国上位に入ることもあったくらいなんですよ!きっと勉強に専念していたら医学部にも合格していたでしょう。

そんな宮原選手が関西大学文学部を選んだのは、まずはスケートに集中するという選択があってのことだと思います。スケートは若い時しか活躍できないけれど、医学部には何歳になっても入れるから、今はスケートに集中しようと考えているはずです。

スケートで世界で活躍して、将来医者にもなるなんて、天才か!とうらやましくもなりますね笑 しかし、その裏で彼女が絶えず努力していることを忘れてはいけません。確かに才能豊かであることは間違いありませんが、努力していなければここまでの存在にはならなかったでしょう。

かわいい顔してそんな努力家の宮原知子選手をこれからも応援していきたいですね!みんなで応援していきましょう!ここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事はこちらです。

フィギュア宮原知子はジャンプ低いのに順位高いのはなぜ?かわいい顔して緻密な戦略がその秘密!

宮原知子が四大陸選手権2016で演技した曲は?

世界一わかりやすい?フィギュアスケートのルールや点数の採点方法を徹底解説!【女子SP編】

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です