錦織圭の親・兄弟(姉)・実家はどうだった?子供時代や出身を徹底調査!

テニスで世界ランク5位まで上り詰めた錦織選手かっこいいですよね。今回は、そんな錦織圭選手の親・兄弟(姉)・実家や子供時代・出身を徹底調査しました。

錦織圭選手の子供時代と出身


テニスを始めたきっかけ

錦織選手は1989年12月29日に島根県松江市に生まれました。出生時の体重は2930gと平均的です。外国の方でも呼びやすい名前ということで、「ケイ」と名付けられました。子供の世界進出を見越して名前をつけるあたり、意識の高い親ですよね。この親あってこそ、現在世界で活躍する錦織選手がいることは間違いありません。1歳前にはアトピーや喘息にかかってしまったこともあったようで、身体を強くするために3歳頃から水泳を始めました。身体が弱かったなんて意外ですね。そこから様々なスポーツを経験し、4歳でサッカー、5歳でテニスを始めます。父親である清志さんがハワイのお土産で子供用のラケットを買ってきたことがテニスを始めるきっかけでした。清志さんは、「将来家族でダブルスができたらいいな」程度の気持ちでラケットを買ってきたそうですが、錦織選手はどんどんテニスにのめり込んでいきました。ちなみに野球も経験したようですが、守備が嫌いで、どんな球にもバットを振って打とうとしていたようです。野球は合わなかったんですね笑。ピアノも習っていたようですが、スポーツの方が好きということで長く続かなかったようです。

 

テニスにのめり込む

錦織選手には4歳年上の姉、玲奈さんがいます。玲奈さんも錦織選手と同じタイミングでテニスを始めて、錦織選手とよく遊びで試合をしていたようですが、体格の大きい玲奈さんに錦織選手はいつも負けていたようで、負けるたびに非常に悔しがっていたそうです。この負けず嫌いな性格が勝負をする上で非常に大切なんでしょうね。そこで錦織選手は体格の大きい玲奈さんに負けないように、戦略を常に考えていたようで、ネット際にボールをぽとりと落とすような、玲奈さんいわく「いやらしい」テニスをしていました。錦織選手は身長178cmと、外国人選手と比べると小さいですが、この頃の経験があるから体格の大きな選手とも対等に戦えるのだと思います。また錦織選手は、友達と歩いていても石蹴りをはじめたら自分の世界に入ってしまうところがあったようで、子供時代から独特な世界観と集中力があったようです。このことも、現在の活躍に大きく関係しているでしょう。そして、小学校4年生で初めて全国小学生テニス選手権大会に出場した錦織選手は、小学校5年生でベスト8、小学校6年生で優勝を飾ることができました。

以上、錦織選手の親・兄弟(姉)・実家や子供時代・出身についでした。ここまで読んでくれた皆様ありがとうございました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です