映画「僕だけがいない街 」ネタバレ。犯人の考察と感想まとめ!

2016年3月19日に公開された「僕だけがいない街」を見てきました。個人的には少し物足りないかなという印象もありましたが、ネタバレ含め、犯人の考察と感想をまとめたいと思います。

主な登場人物


藤沼 悟(藤原竜也) : 売れない漫画家。身近で事件が起きると時間を巻き戻せる「リバイバル」という能力を持つ。

片桐 愛梨(有村架純) : 悟のバイト仲間。高校生。

藤沼 佐知子(石田ゆり子) : 悟の母。美人で賢い。

白鳥 潤(林遣都) : 悟の少年時代に起きた事件で逮捕された青年。冤罪だった可能性がある。

雛月 加代(鈴木梨央) : その事件の最初の被害者。当時小学生。

八代 学(及川光博) : 悟の担任の先生。

小林賢也(福士誠治) : 悟の同級生。悟と一緒に活動することになる。

澤田真(杉本哲太) : 佐知子の元同僚でジャーナリスト。白鳥の冤罪を信じていた。

藤原竜也の母役で出た石田ゆり子が美人で驚きました。映画の中で愛梨(有村架純)が佐知子(石田ゆり子)に向かって、「お姉さんかと思いました」と言っていましたが、それ私も思っていましたねw 彼女でもいいかとおもうくらい。

あらすじ(ネタバレなし)


はじめにネタバレなしであらすじをまとめます。

・悟は売れない漫画家。いつか売れることを夢見てピザ屋でバイトしながら、出版社に持ち込みしている

・悟には身近で事件が起きた時に時間を巻き戻せる「リバイバル」という能力がある。ただし、自分の意志で戻せるわけではなく、事件が解決されるまで繰り返し時が巻き戻されてしまう

・悟がリバイバルで少年の交通事故を未然に防いだことをみて、愛梨が悟に興味を持つ

・ある日、悟が愛梨と母佐知子と一緒にいる時にリバイバルのループに入ってしまう

・佐知子は年配の男性が女の子を誘拐しそうになっていることに気づく

・気づかれた男性は誘拐をやめ、リバイバルのループが止まる

・佐知子は、悟の小学校で連続誘拐事件があったことを思い出し、悟に伝える

・その後男性は佐知子を包丁で刺し、同居していた悟に罪を着せる

・警察に追い込まれた悟にリバイバルが発動し、小学生時代に戻る

・つまり佐知子の一件は、小学生時代の事件と関係のあるものだった

・佐知子の事件をなかったことにするために、悟はその事件を解決することになる

内容(ネタバレ)


以降、ネタバレも含めて、内容をまとめます!

・小学生になった悟は、当時事件に巻き込まれた同級生の加代を助ければ、佐知子の事件をなかったことにできるだろうと思う

・事件の起きた当日に誕生日会に誘うことで、事件を起こさせないようにした

・しかし結果的には事件が翌日に持ち越されただけだった

・現実に戻った悟は愛梨に助けられ、警察からかくまわれることとなる

・愛梨は悟が犯人ではないと信じてくれ、悟は愛梨に好意を抱くようになる

・しかし愛梨の家が放火される

・愛梨は命を取り留めたものの、悟をかくまっていることが知られ、愛梨まで警察に疑われることに

・またまた警察に追い込まれた悟は、小学生時代へリバイバル

・加代を本当に助けなければと誓う

・秘密基地に加代を隠すことで、加代を犯人の目から隠す

・加代を児童相談所に預けることに成功し、加代は事件に巻き込まれずに済んだ

・ただし別の女の子が事件に巻き込まれる

・悟は、犯人を止めないと佐知子の事件がなくならないと知る

・悟は、担任の八代が「加代を前々から児童相談所に入れようとしていた」と言ったのは、嘘だと知る

・そこで八代に疑いをかける悟

・八代が別の女の子をホッケーの試合に誘っているところを目撃

・女の子がホッケーの試合から抜け出したところ、白鳥の車が動き出し、八代と一緒にその車を追う

・車の中で、悟は八代に、「犯人じゃないよね?」と確認

・「犯人だよ」と自白

・橋の上で二人は車を降り、悟は川に落とされる

・悟は現代へ

・そこには愛梨ではなく、大人になった加代がいた

・八代が犯人とわかったので、佐知子の事件が起こる前に、八代を追い詰める

・逆に八代にやられてしまう悟

・八代は現場で警察に捕まえられる

・10年後に、佐知子や加代たちが悟の墓を囲んで、お祈り

・「世界に自分だけいなくても、皆笑っていればいいんだ」な感じで終わり

大分端折りましたが、内容をまとめました。次は犯人の考察と感想です!

犯人の考察と感想


正直微妙だったなというのが個人的な感想ですw なぜ微妙だったかというと、主人公をはじめ登場人物たちの行動に不可解な点があったこと、登場人物や伏線が中途半端だったことですね!映画という限られた時間の中にすべて詰め込もうとしたら、すべて中途半端になってしまったんでしょう。原作はとても良いと聞いていましたから、残念です…。

以下、微妙だと思った点も含めて、考察と感想です。

悟がなぜリバイバル能力を持っているか説明されない

まずはじめに、なぜ悟がリバイバル能力を持っているのか説明がされていません。この物語の鍵になる能力ですから、なにかしらの説明が欲しかったなーというのが正直思うところです。

都合のいいときにばかりリバイバル

そしてリバイバルで過去にいくタイミングが都合よすぎますw 小学生時代にいったときは、二度とも警察に連行されそうになった瞬間です。

しかも現代に戻るときは、警察がいなくなっている。リバイバルちょっと都合よすぎないですか!

なぜ八代の車に乗ったんだ!悟!

白鳥食品の車を追いかけるために、八代と二人きりで車に乗った悟。ふつう疑っている人と一緒に車になんて乗らないですよね?ちょっと理解できません。

小学生の悟が川に沈められたのに、現代の悟は全然平気

八代に川に沈められた悟。その瞬間に現代に帰ってくるのですが、悟は全然平気です。生きてます。小学生時代に悟が亡くなったとしたら、現代でも生きてないはずですよね?でも生きてます。

加代の場合、過去で助けたら現代でも生きていたというように、過去と現代がリンクしていたのですが、悟の場合はリンクしていません。なぜなんですか!

登場人物が少なすぎて、犯人探しが超簡単

正直これが一番の微妙ポイントでしたね・・・。この映画の醍醐味は犯人探しだと思うんですが、登場人物が少ないせいで超簡単でしたw

まず現代で女の子を連れ去ろうとしたのは年配の男性。ここで犯人は事件当時成人男性だったことがわかります。

しかし事件当時の登場人物として、成人男性はたったの4人しか出てきませんでした。

実際に逮捕された白鳥、担任の先生八代、ジャーナリスト澤田、加代の母の恋人の4人です。

この中に犯人がいるわけですが、

まず白鳥は犯人でないことはすぐにわかります。実際逮捕された人が本当に犯人だったら謎解きもなにもないですからねw

そして加代の母の恋人も犯人でないことは明白です。虐待している人が犯人だなんて、そのまんますぎますからね。

残るは澤田と八代ですが、

澤田は現代でも身分をはっきりと明かして、佐知子とも信頼関係にあるようでした。だから犯人ではないと思いました。

残るは八代ただ一人!こんな感じで八代が犯人かなと思ったら本当に八代でした・・・。犯人探し、簡単でした・・・。

逆に澤田が犯人とかだとサスペンスとしては意外で面白い展開だったと思います。

タイトルに合わせるために悟が最後無理やりやられた感

「僕だけがいない街」というタイトルに合わせるためだけに、最後悟が八代にやられたんだろうなというのが丸わかりでしたw 無理やり感満載で、チープな演出でしたね・・・。

ただし有村架純と石田ゆり子が超かわいい

内容としては微妙でしたが、有村架純と石田ゆり子は超かわいかったです。

私も愛梨のようなちょっと強引な女の子に迫られてみたいw そして石田ゆり子は大人の色気ムンムンで最高でした。

この2人が観れただけでもよしとするかw

まとめ


・内容は微妙。原作とアニメはとても良作らしいので、そちらを先に見ることをお勧め

・主人公の能力や行動に不可解な点多数

・犯人探しが超簡単!

・有村架純と石田ゆり子はかわいい

以上になります。個人的には原作やアニメを先に見ればよかったなと思っています。もう犯人は知っちゃったので、今から原作読んでも100%楽しめるとは思えない・・・。私にリバイバルの能力があれば、映画観る前に戻りたいですw 原作やアニメをすでに観た方は、映画で「僕街」の世界観を楽しむのはありだとおもいます!有村架純と石田ゆり子はかわいいのでw 最後までお読みいただきありがとうございました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です